Customer oriented, Professional and Accountability

メニュー

エンジェルジャパン・アセットマネジメントからのレポート

エンジェルジャパン・アセットマネジメントからのレポート

高いパフォーマンスをあげているSBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(愛称:jrevive)などの投資助言会社であるエンジェルジャパン・アセットマネジメントからのレポートです。

エンジェルジャパン・アセットマネジメント 投資助言チーム

投資助言ファンド関連のお知らせ

2019/05/07

・R&Iファンド大賞2019におきまして、SBI小型成長株ファンド ジェイクール(愛称:jcool)が「投資信託/国内中小型株式」部門で優秀ファンド賞を受賞しました。

詳細はこちら

2019/03/20

・「リッパー・ファンド・アワード・フロム・リフィニティブ 2019 ジャパン」におきまして、中小型成長株ファンド-ネクストジャパン-(愛称:jnext)が最優秀ファンド賞を受賞しました。

詳細はこちら

2018/04/23

・R&Iファンド大賞2018におきまして、SBI中小型割安成長株ファンドジェイリバイブ(愛称:jrevive)が「投資信託10年/国内中小型株式」部門で優秀ファンド賞、中小型成長株ファンド-ネクストジャパン-(愛称:jnext)が「投資信託/国内中小型株式」部門で優秀ファンド賞を受賞いたしました。

2018/03/19

・「トムソン・ロイターリッパー・ファンド・アワード・ジャパン2018」におきまして、中小型成長株ファンド-ネクストジャパン-(愛称:jnext)が最優秀ファンド賞を受賞しました。

2017/04/20

・R&Iファンド大賞2017におきまして、SBI中小型割安成長株ファンドジェイリバイブ(愛称:jrevive)が「投資信託10年/国内中小型株式」部門で最優秀ファンド賞、「投資信託/国内中小型株式」で優秀ファンド賞、中小型成長株ファンド-ネクストジャパン-(愛称:jnext)が「投資信託/国内中小型株式」部門で最優秀ファンド賞を受賞いたしました。

2017/03/21

・「トムソン・ロイターリッパー・ファンド・アワード・ジャパン2017」におきまして、SBI中小型割安成長株ファンドジェイリバイブ(愛称:jrevive)中小型成長株ファンド-ネクストジャパン-(愛称:jnext)が最優秀ファンド賞を受賞いたしました。

詳細はこちら

週次レポート 2020年1月10日基準

 2019年の日本株式市場は、米中貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱問題、香港における大規模デモなど、主に海外発のニュースに翻弄(ほんろう)されながらも底堅さを保ち、年後半には上昇基調を強めて終わりました。年初を振り返ってみますと、米国IT大手の売上高下方修正発表を受けて大発会の日経平均株価は大きく下落し、株式市場全体に弱気ムードが漂っていました。景気変動や政治情勢などに目を配りながら、株式相場全体の動きを先読みするのは極めて難しいということを改めて感じているところです。

 2020年も前年と同様に複雑な情勢が続くことは変わりないでしょう。海外では米中問題や英国のEU離脱がまだ決着を見ておらず、年明けからは米国とイランの間で緊張が高まっています。国内では東京オリンピック・パラリンピックへの期待が高まっているものの、大会終了後の景気を懸念する投資家も多いようです。外部環境における懸念をあげればきりがないわけですが、これは毎年同じ状況ともいえます。

 こうした中でやるべきことは、やはり一社一社に目を凝らし、個別銘柄を厳選して投資することでしょう。本ファンドの投資対象である中小型・新興株領域は、大型株に比べると景気全体の影響を受けにくく、個別要因で業績成長を実現できる企業が多く存在します。加えて、5G(次世代通信規格)、AI(人工知能)、自動運転、ロボティクス、キャッシュレス、テレワークなど、旧来の枠組みを大きく変化させる技術やサービスが勃興しており、これも既成概念にとらわれていない新興企業が躍進するうえで大きな追い風となるのは間違いないでしょう。2020年も引き続き、経営者に対する個別面談調査を中心とした積極的な調査活動を行いつつ、魅力的な50社パッケージを作り続けていきたいと考えています。

【本ページ閲覧にあたっての留意点】

当サイトは、SBIアセットマネジメント株式会社が設定・運用する投資信託に関連する情報および運用状況等についてお伝えすることを目的として、SBIアセットマネジメント株式会社が作成したものです。金融商品取引法等に基づく開示資料ではありません。また、特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。

【投資信託に関する留意点】

■投資信託はリスクを含む商品です。運用実績は市場環境等により変動し、運用成果(損益)はすべて投資者の皆様のものとなります。元本および利回りが保証された商品ではありません。

■投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は変動し投資元本を割り込むことがあります。投資信託の基準価額に影響を与える主なリスクは、各ファンドページよりご確認いただけます。

■分配金額は、収益分配方針に基づいて委託会社が決定しますので、あらかじめ一定の額の分配をお約束するものではありません。運用状況によっては、分配金をお支払いできない場合もあります。また、分配金は投資信託財産からお支払いしますので、基準価額が下がる要因となります。

■投資信託は保険契約や金融機関の預金と異なり、保険契約者保護機構、預金保険の対象となりません。証券会社以外の金融機関で購入された投資信託は、投資者保護基金の支払い対象にはなりません。

■ご購入の際には必ず投資信託説明書(交付目論見書)をお受け取りになり、内容をご確認の上ご自身でご判断ください。

【当サイトに関する留意点】

■当サイトは、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。

■当サイトのグラフ・数値等はあくまでも過去の実績であり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。

■当サイトのいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

■当社は、当サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性・信頼性・完全性についてなんら保証するものではありません。こうした第三者サイトの利用により生じたいかなる損害に関しても、当社は一切責任を負うものではありません。