Customer oriented, Professional and Accountability

メニュー

運用モニタリング及びリスク管理体制

運用担当者の意思決定方向を調整・相互確認するために、下記の会議を運営しています。

会議の名称頻度内容
投資戦略委員会

原則月1回

常勤役員、最高運用責任者、運用部長及び運用部マネジャーをもって構成する。
①運用の基本方針②市場見通し、等について協議する。

運用会議

原則月1回

最高運用責任者、運用部及び商品企画部に在籍する者をもって構成する。
①市場動向②今月の投資行動③市場見通し④今後の投資方針、等についての情報交換、議論を行う。

運用考査会議

原則月1回

常勤役員、最高運用責任者、審査室長、商品企画部長、運用部長及び運用部マネジャーをもって構成する。ファンドのリスク特性分析、パフォーマンスの要因分析の報告及び改善勧告を行う。

ファンドマネジャー会議

随時

運用担当者及び調査担当者をもって構成する。個別銘柄の調査報告及び情報交換、ファンドの投資戦略について議論を行う。

未公開株投資委員会

随時

最高運用責任者、運用部長、未公開株運用担当者、未公開株調査担当者及びコンプライアンス・オフィサーをもって構成する。
未公開株式の購入及び売却の決定を行う。

組合投資委員会

随時

最高運用責任者、運用部長、組合運用担当者、組合の投資する資産の調査担当者及びコンプライアンス・オフィサーをもって構成する。
組合への新規投資及び契約変更の決定を行う。

その他にプロセスを管理するために、コンプライアンス委員会を開催しています。

コンプライアンス委員会

原則月1回

常勤役員及びコンプライアンス・オフィサーをもって構成する。
法令等、顧客ガイドライン、社内ルールの遵守状況の報告及び監視を行う。

ファンド毎のリスク管理を実施しております。毎月開催しております運用考査会議で報告が行われており、直接運用担当者へフィードバックします。

組織(委員会)の名称

運用考査会議

開催頻度

原則毎月1回

目的・審議事項

ベンチマークや参考指標、ピアグループとのパフォーマンス分析。必要に応じて改善点を指示。

主要メンバー等

常勤取締役、運用部、各部室長